学校生活

【工業科】青森県生徒の研究発表大会

2月7日(金)、青森工業高校において「青森県生徒の研究発表大会」が開催されました。本校からは電子通信コースの4名が参加し、「ドローンのプログラミング開発の可能性」と題して発表しました。結果は、県内の工業高校7校が参加した中で5位でした。本校で取り組んでいる無人航空機に関して、GPSのないドローンにGPSを取り付け、位置制御を行うプログラムを組むという内容です。取得したGPS情報をパソコンに送信し、パソコン側で位置情報を計算して方位何度に何メートル移動させるか指示を出すものです。GPS制御のプログラム部分に注目して実験を行ったものです。測位に時間がかかってしまったという問題点を解決する選択肢の一つとして、次年度は宇宙用GPSモジュールを利用して実験したいと目標を設定しました。