学校生活

三八地域活性化協議会U20成果発表会

1月30日(木)16時から三八地域活性化協議会U20の成果発表会が八戸高校で開催されました。本校から2年普通科の3名と2年電気コースの2名が発表しました。「三八地域をどのように元気にするか」を地域をリードするキーパーソンや企業と一緒に考え、新しい「ワクワク」を想像・創造する企画です。三八地域県民局主催で八戸インテリジェントプラザが運営主体となって実施した企画です。本校は社会福祉法人青森社会福祉振興団 向井正大様がファシリテーターとして、ベトナム・フエからネット会議システムを使って助言いただきました。本校では「青森県の20年後の文化がキラキラ輝くアイディアを考えよう!」と題して発表しました。「人手不足」というマイナスイメージの言葉を省くにはどうするかなど議論を進め、「人手不足だけれども、自然を生かした文化がモリモリ!」というコピーで青森県を盛り上げることを提案しました。