部活動

トップページ > 部活動 > ボクシング

ボクシング

アマチュアボクシングは「選手の健康管理を第一」として、ルールにたいへん厳しく男らしいスポーツです。またボクシングは同じ体重の者同士が競技する合理的なスポーツで、46kg~75kgを8階級に分けて自分の体重に合った階級で試合ができます。本校ボクシング部は創部50年の歴史を持ち、全国屈指の成績をあげています。
現在部員数は22名。ほとんど全員が高校から始めています。基礎からしっかりと学び「心技体」のバランスのとれた選手を目標に頑張っています。練習は2時間、休日は週1回、遠征は東京、札幌、岩手、その他、たくさんあります。

県大会、東北大会、インターハイ優勝を目標に日々練習に励んでいます。初心者でも一から丁寧に指導します。
工藤 結羅[市川中出身]

主な戦績

  • 全国高校総体優勝(S47) 第2位(S42・S49・S53) 第3位(S54・S59)
  • 東北大会優勝5回
  • 県高校総体優勝17回
  • 県春季大会優勝15回
  • 県新人戦優勝18回
  • ソウルオリンピック出場(高橋良秋)
  • 世界選手権出場(大久保克弘、五戸博)
  • 世界ジュニア選手権出場(河本誠司)
  • 全国チャンピオン11名輩出