学校紹介

学校認定を受けている資格

第三種電気主任技術者

内容 高い電圧で受電する電気設備を責任者として管理・監督できる資格です。
試験取得 筆記試験(理論・電力・機械・法規の4科目)
認定 卒業後、就職先での実務経験が認められれば、申請により取得できる。

第二種電気工事士

内容 一般家庭での電気配線や工事をするための資格です。
試験取得 筆記試験と技能試験があります。
認定 卒業後は筆記試験が免除されます。

第二級陸上特殊無線技士

内容 陸上移動無線局の技術操作、衛星通信超小型地球局、陸上のレーダーの技術操作などができる。
試験取得 学科試験(無線技術・法規)
認定 本校で所定の科目を習得することにより、卒業と同時に取得することができます。

二級建築士

内容 一定規模以下の木造の建築物、および鉄筋コンクリート造などの主に日常生活に最低限必要な建築物の設計、工事監理に従事するための資格です。
試験取得 実務経験7年以上で筆記試験と実技試験(製図)に合格
認定 実務経験が「3年以上」に短縮される。

木造建築士

内容 木造建築物で延べ面積が300㎡以内、かつ2階以下のものを設計・工事監理に従事するための試験である。
試験取得 実務経験7年以上で筆記試験と実技試験(製図)に合格
認定 実務経験が「3年以上」に短縮される。

2級建築施工管理技士

内容 一般建設業、特定建設業の許可基準の一つ。営業所ごとに置く専任の技術者並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、小規模工事を取り扱う。
試験取得 実務経験8年以上で学科試験・実地試験に合格
認定 実務経験が「3年以上」に短縮される。

2級土木施工管理技士

内容 土木の主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理安全管理などを工事施工に必要な技術上の管理などを行う資格です。
試験取得 学科試験・実地試験
認定 3年次に学科試験のみ受験可能。卒業後は受験に必要となる条件のうち「実務経験」を4年6ヶ月から3年に短縮することができます。

測量士補

内容 測量業者に従事する測量士において測量士の補佐を行う技術者の資格である。
試験取得 学科試験に合格
認定 本校で所定の科目を習得し、学科試験に合格することにより卒業と同時に取得することができる。